ぷよぱんブログ

牛飼いと投資と日常ときどきサッカー

クローン病〜2004年から〜

皆さんごきげんいかがでしょうか?

今回は自分の持病であるクローン病について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

 

クローン病は炎症性腸疾患のひとつで、主に小腸や大腸などの消化管に炎症が起きることによりびらんや潰瘍ができる原因不明の慢性の病気です。

主な症状としては、腹痛、下痢、血便、発熱、肛門付近の痛みや腫れ、体重減少などがあります。

 

自分は2004年の5月にクローン病と診断されました。

高校卒業後に東京に行き専門学生をしながら新聞配達、いわゆる新聞奨学生でした。

新聞配達がきつくて専門学校は半年で辞め、それから約6年間は新聞配達員として過ごしていました。

2003年の9月頃から腹痛がし始め、原因不明の高熱が出て入院する事になりました。

その時の診断は憩室炎だろうとの事。

1週間程入院して退院しました。

それからしばらくは痛みはあるけど、動けなくはないので配達してました。2004年の4月に母方の祖母が亡くなったので島に帰ることに。

深夜に激しい痛みがあり、それを見た母が東京から帰ってきて、病気が何なのか調べた方がいいとなり、地元に帰ることになりました。

[rakuten:book:15942919:detail]

スポンサーリンク

 

市立病院に朝診察に行き、その帰りに焼肉を食べに行きました。

夜に痛みがでて市立病院に行きレントゲンを撮ると腸閉塞になりかかっていました。

そのまま入院です。

色々検査して(この時から検査の経験値が増え始め、職場の健康診断の時に皆さんに検査の説明ができるようになる)やっとクローン病が判明しました。

それから入退院繰り返して今に至りますが今度書きます。

 

またどー。

 

 

 

 

puyopan-life.work

 

puyopan-life.work

 

puyopan-life.work

puyopan-life.work

 

puyopan-life.work

puyopan-life.work

 

puyopan-life.work

puyopan-life.work

 

puyopan-life.work

puyopan-life.work