ぷよぱんブログ

牛飼いと投資と日常ときどきサッカー

ストーマになるまで#1

皆さんごきげんいかがでしょうか?
今朝はストマのパウチ張り替えをしました。
ストマになり約5年、この生活にも自分と家族も慣れてきました。
ストマになった初めの頃はかゆみや痛みがあり、慣れるのに苦労しましたが、
今では張り方にも工夫をして上手になれるようになりました。

自分は小腸ストマです。
ストマになったのは、2015年の冬ごろから半年ほど入院しました。
かかりつけの病院にはクローン病専門の先生がいたが定年退職していた。
事前に知らされてはいたが、専門の後任がいると勝手に思っていた。
その時入院した症状は腹痛等は無かったが、お尻から腸の液?
みたいなのが気付かず出ている事が多々あるからだった。
とりあえず入院して検査することに。準備はしていたのでそのまま入院。

スポンサーリンク



最初はお決まりの絶食。2週間くらい経つと空腹にも慣れてくる。
絶食時は何故かグルメの本やドラマを見て、
退院したとき何を食べるか考えることが楽しかった。
検査があると暇はしないが、何もない日はマジで暇。
ゲーム機を持ってきたが集中力がなくなったのか、すぐ飽きる。
折り紙を折っているおじさんがいたが、病院でもできる趣味があるといいなと思った。
入院始めから点滴棒と友達していたが、2ヶ月くらいたちお別れの時、そうご飯が始まった。
最初は水同然のご飯ただ飲むだけ。
徐々に形のあるご飯になっていく。
それが嬉しくて妻に毎食写真を撮ってLINEしていた。
だが、8分粥くらいになると、微熱が出始める。
最初はまだ身体が慣れてないのかな?と思ったが、高熱が続くようになってしまった。
ご飯中止である。
退院が見えてきたのに・・・ショックだった。
熱がひき、ご飯にチャレンジするもまたもや高熱。
エレンタールや水同然のお粥だと大丈夫なのだが、
固形物になり始めるとどうしても熱が出てしまう。
まだ腸を休めることになり、初めてのIVH点滴。
二の腕から管を通したが、入院して見かける人はほとんど首からしてる人が多い気がしたが、
先生で違うのだろうか?
IVH点滴治療をしている間に転院する話がでてきた。
専門の先生がいる大学病院に行くことになる。
入院していた病院に毎週木曜に診察に大学病院から来ていたのだ。
のちに今の主治医の先生にこの時会った。

疲れたので続きは後日、またどー。


スポンサーリンク



puyopan-life.work
puyopan-life.work
puyopan-life.work