ぷよぱんブログ

牛飼いと投資と日常ときどきサッカー

楽しい気持ちを忘れずに

皆さんごきげんいかがでしょうか?

今回はコーチを始めるにあたり勉強したこと

思ったことを書きたいと思います

小学生の頃、自分がどんな練習をしていたか思い出すと、怒られてばかりだったな〜。

ほとんどの人がそうなはず。

監督やコーチに「なんでそこに出すの?」とか「周りを見ろ」とかね。

一番言われたのが「慌てるな〜、落ち着け〜」だったな。 DFだったのでそういうふうに見られていたのだろう🤣

でも監督やコーチは言うばっかりで正解というか、こうすればよかったんじゃない?こっちみてた?とか普段の練習からアドバイスをもらうことは無かったな。

あ、でも中学3年でやってきた先生は違ったな、ディフェンスの基本 ワンサイドカット教えてくれたり勉強になった。コースを限定させて相手を誘導するなんて考えもしなかったな。

最後の夏初めて県内ベスト4までいったし。 ・・・話が枠から外れたので戻します。

スポンサーリンク

 

そんな感じで昔を思い出し、コーチを始めるにあたって、自分は人に物を教えることはたぶん下手な部類に入ると思う、というか口下手。

なので本やyoutubeを見て、子供達にどうサッカー教えるのか、伝えるのか勉強した。

子供達に考えさせる。 子供達が判断したプレーに対して、尊重する。 尊重しながらアドバイス。

アドバイスがあれば選択肢が増え、こうしてみようと考えるわけだ。 それと終始ほめているのが気になった。 いいプレイをしたらほめていたのだ。

当たり前のことだろうが、子供の頃自分はほめられた記憶がない・・・。

ほめられて嫌な気分になる子供はほぼいないだろうし、 やる気も出る。

ただほめたら調子に乗る子いるやね。どこにでも。 なのでそういう性格の子にはそこそこ褒める。

たまにいじる。明るい子の場合がほとんどだから。 下手な子はとことん褒める。

自信を持ってもらうために。

改めて思うことはサッカーが好きで始める子が多いので、サッカーを楽しんでもらうことが一番だと感じた。

自分なりに勉強して思った。

これらを肝に銘じ今はコーチしています。

人に物を教えるのは難しいが、素直な子供達と触れ合い 体を動かすと楽しい。

なんか文章がまとまってない気がするが・・・

人に伝えるって難しい。

ではではまたどー。

スポンサーリンク

 

・・・ロスタイムの一人ごと・・

そういえば軍隊式みたいな鬼監督で組織されたチームみたいなのほぼ見なくなったな。

それはそれで強いけど。監督試合中鬼怖えぇけど。挨拶する時もなんか怖えぇけど。

それでいて勝ったら相手の子供達になんか申し訳ないけど。

 

 

puyopan-life.work

 

 

puyopan-life.work